タブレットが簡単にレジに変化する

小規模な商店などでレジを導入するコストがない場合には、ぜひタブレットで業務を行いましょう。タブレットPCもしくはスマホが一台あればそれをレジとして使うことができるのです。バーコードリーダーを別途用意することで商品情報の読み取りも簡単になるので、低いコストでレジが用意できます。
タブレットにアプリとしてインストールするだけなので、手間などもかからず月額費用も無料で使うことが可能です。



通常の商品の合計計算だけではなく、売れ行きの状態や帳簿などもデータとして残しておくことができるので、いつでもデータをチェックできるようになります。

もちろんデータは外部に出力したりクラウド上に保管しておけますので、従業員同士でその日の売上情報を共有したりすることも可能です。

席の予約やクレジットカード決済の機能もあるので現金以外の決済方法を選んだお客に対しても対応できます。

売上集計分析機能を使えばいつどの商品が売れるのかをデータとして記録できるのでこれからのマーケティング戦略も簡単に練って行けます。

BIGLOBEニュースに注目が集まっています。

業務用としてではなく、イベントなどで使う場合にもそれに対応した機能がありますから、個人で利用する場合にも充分に便利な機能が揃っています。
タッチパネル形式で操作ができるためパソコンがあまり得意でない方や機械が苦手だという方でも難なく操作が可能です。



タブレットを導入するだけでレジにもなる便利なアプリですから、ぜひインストールしてみましょう。

Copyright (C) 2016 タブレットが簡単にレジに変化する All Rights Reserved.